看護師への転職

看護師への転職 >> 看護師への転職と夜勤

看護師への転職と夜勤

看護師勤務の中には、夜勤という勤務スタイルもあります。

職場によっては準夜勤と深夜勤とわけている病院もありますね。どちらも深夜帯の勤務となります。

この夜勤は、昼間休んで夜間働くという性質上、生活のリズムが乱れやすい勤務でもあります。まず新人看護師は夜勤に慣れるかが問題とも言われるくらいです。

ですが、この夜勤は看護師にとって重要な収入源でもあります。


その為、夜勤は看護師が転職を考える場合、重要な要素となっています。

職場によっては夜勤なしの職場もありますし、それを希望したい看護師もいるでしょう。

結婚してから再就職など考える場合、やはり夜は家にいたいと思う場合が多いようです。

仕事で大切なのは自分の生活スタイルに合っているかですし、夜勤あるなしは、生活スタイルに合うかどうかによるのでしょう。


とはいえ、夜勤による収入増加のメリットは非常に大きいです。

夜勤手当は各社の差が大きい部分でもありますが、数千円から一万円を超える場合もあります。勤務が3交代性の場合夜勤は月に8回までとされていますし、かなり高額の収入になりますね。

夜勤専属というスタイルもありますし、稼ぎたい人は夜勤という事になるでしょう。


また、稼ぎたいけど小さい子供がいて夜勤が出来ないと、転職先に悩む看護師も多いと思います。その場合、看護師向けに保育設備を整備している病院もあります。

看護師にとって働きやすい環境にしているということですね。

転職で夜勤の有無を考慮する場合、こういった福利厚生も考慮していくといいでしょう。

自分にあった生活スタイルで働ける場所が見つかるはずです。